メインビジュアル

吉田建装

吉田建装
引用元HP:株式会社吉田建装公式HP
http://yoshidakenso.co.jp/

吉田建装は、川越市で機能性の高い外壁塗装サービスを提供している会社です。熱交換塗料という次世代の外壁塗装技術、自社職人による直接施工などの特徴をご紹介します。

  • 所在地:埼玉県飯能市岩沢1089-5
  • 創業:1994年5月
  • 設立:2010年5月
  • 資本金:500万円

熱交換塗料について

ここが凄いぞ!熱交換塗料

  1. 経年劣化に強く、塗装面が汚れても消熱効果は落ちない
  2. 夜間でも消熱効果を発揮する
  3. 冬場の熱(25℃以下)には反応しない
イメージ
引用元HP:光洋機械産業株式会社公式HP
http://www.kyc.co.jp/products/development/tough-coat.html

「熱交換塗料」という言葉は聞き慣れない方が多いのではないかと思います。これは、これまでになかった新しい発想で作られた塗料で、「熱を消す」塗料と呼ばれるもの。

熱交換塗料は、夏は熱を消して、冬は暖かさを取り込むという機能性を持っています。これによって夏の冷房や冬の暖房効率を高め、冷暖房コストを抑えることができるのが大きな魅力。塗料の中には、「熱交換物質」というものが含まれています。塗料の表面に当たった日光は、まず熱エネルギー=熱さに変わります。これが熱交換物質に変わると、運動エネルギーに変換され、消費されてしまいます。

つまり、塗料に当たった日光の暑さを消してしまうということ。熱が建物の中に入る前に消えてしまうので、夏の日差しの暑さを防いでくれます。しかも、気温が25度以下の場合は熱をそのまま建物の中に取り込んでくれます。秋冬は日光の暖かさを消しません。

イメージ

引用元:株式会社吉田建装公式HP
(http://yoshidakenso.co.jp/coat/index.html)

通常の遮熱塗料は、日光を反射するだけ。壁や屋根が汚れてきたり、経年劣化が進むと、反射効果が薄れてくるので、だんだん遮熱されなくなるという欠点は否定できないもの。でも熱交換塗料は、表面が汚れていても効果は変わらないので、遮熱効果が長持ちします。

熱交換塗料に関するQ&A

熱交換塗料が最も優れている点は?

室内に熱を伝えない塗料として、他のどんな塗料よりも優れています。さらに、表面が汚れても塗料としての効果を失う事なく長い年月に渡って効力を発揮し続けるメリットがあります。

熱交換塗料は節電対策になりますか?

消熱作用のスイッチは25℃前後でオン・オフし、夏季などの高温期は働き、冬季などの低温期には働きません。一年を通して寒暖の差をより少なくし、冷暖房費の低減をしますので節電対策としても効力があります。

カラーバリエーションに制限はありますか?

自由に色を選ぶことができます。しかし、黒色に関しては塗料の特性上「黒に限りなく近い色」での扱いとなってしまいます。

どんな欠点がありますか?

塗料の特性として、「全艶消し」となるので、光沢をだしたい箇所への使用は不向きとなります。

夏と冬で期待出来る効果

夏場に期待できる効果 冬場に期待できる効果
室内の温度を下げので、冷房機器による空調負荷が減少し消費電力にも良い影響を与えます。電力消費量が低下する事で、電気料金が下がりランニングコストを抑えられだけでなく、Co2排出量減によるヒートアイランド現象の緩和にも寄与します。 約摂氏25℃以下になると、積極的に「熱エネルギー」を取り込むようになり、暖房の効率化により通年での省エネが可能となります。昼夜における寒暖の差が小さくなることで構造物延命化・長寿命化につながります。
吉田建装の施工事例
img01
引用元HP:株式会社吉田建装公式HP
http://yoshidakenso.co.jp/painting/index.html

ローラーで丁寧に仕上げています。ムラ無く仕上げるためには熟練のスキルを必要とします。

img02
引用元HP:株式会社吉田建装公式HP
http://yoshidakenso.co.jp/painting/index.html

凹凸のある壁を丁寧に仕上げていきます。

img03
引用元HP:株式会社吉田建装公式HP
http://yoshidakenso.co.jp/painting/index.html

レンガ調の壁も、色を変えることで印象が変わります。

img04
引用元HP:株式会社吉田建装公式HP
http://yoshidakenso.co.jp/painting/index.html

こちらは屋根の塗装。古い屋根も、塗装で生まれ変わります。

熟練の職人による、確かな施工

吉田建装は、自社職人による優れた塗装技術がアピールポイント。同社には24年以上の実績の積み重ねがあります。塗装1級技能検定の資格を持った職人がいるので、施工の質が高いのが特徴です。 しかも仲介業者を挟まず、外注もしていないので、支払った金額に見合う質の高い施工が期待できます。仲介業者を通すと仲介マージンが発生するので、同じ金額でも工事の質は落ちてしまうもの。 しかも直接やりとりができるので、要望にも応えやすいというメリットがあります。

安心の保証制度

吉田建装の外壁塗装は、通常は3回塗りで提供されています。もし仕上がりに納得がいかなければ、4回塗装にも対応。仕上がりの良さを最優先してくれるので、より確実に質の高い塗装をしてもらうことができます。 また施工後は、施工写真とともに保証書を発行してくれます。万が一品質に問題があっても、保証が受けられるので安心です。

サービス内容

吉田建装は、外壁・屋根塗装を専門的に行う工務店です。塗装を通じて節電・省エネ対策を行う事業を行っており、通常の外壁塗装から一歩踏み込んだ、機能性の高い外壁塗装について相談することができます。

サポート情報

吉田建装のアフターフォローは、施工完了後に施工写真を撮影し、保証書を発行するというもの。目視できない箇所であってもしっかりと施工状況を報告し、安心していただける対応を行ってくれます。 施工後におけるアフターメンテナンスにも力を入れているとのこと。安心して依頼できます。

好きな色の塗料が選べる
吉田建装の塗料は好みの色が選べるようになっています。塗料の色が変わると断熱効果に差が生じてしまいがちですが、扱っている熱交換塗料では効果の違いはほとんどありません。 反射型塗料は基本的に白のみですが、熱交換塗料は黒をはじめ色が濃いものでも熱に対する効果が期待できます。表面の汚れにも強く、傷や摩擦などの影響を受けにくいという一面も。依頼主が好むどの色を選んでも効果に違いはほとんどないでしょう。
ロボットカメラを使ってひび割れを防ぐ
高所で外壁塗装を行う際は、高所を点検できるロボットカメラを使用することがあります。 ロボットカメラは高さのある屋根はもちろん、人間の目では見えにくい部分にひび割れやゆがみがないかを確認してくれるのです。 ロボットカメラの精度は、隣の家の屋根から見ても鮮明にわかるほど。このカメラを使うことで施工漏れを防いでいます。
塗装全般に対応
吉田建装はあらゆる塗装に対応しています。建物の一般的な塗り替え時期は、10年。期間ごとに塗り替えを重ねることで、建物を守っているのです。 塗り替えは建物の劣化の防止、耐久性の向上、防水効果とさまざまなメリットばかり。 ジャンルを問わず、どんな建物でもきれいさを持続するためには定期的なメンテナンスが必要になります。 外壁塗装時は塗装を依頼した方と建物の状況に合わせた塗装の提案をしてくれます。
施工時に室外機やエアコンホースにも対応
外壁塗装を行う際、壁際に取り付けられた室外機のエアコンホースをはじめ、劣化している部分を見つけることもしばしばあるでしょう。 吉田建装では施工時に室外機やエアコンホースのテープ劣化などを見つけたら無料で巻替えをしてくれます。 外壁塗装以外でも直さなくてはならない部分があった際、対応してくれる部分かどうかを聞いてみるのも良いでしょう。 塗装工事だけを行うだけでなく、建物の全体的な仕上がりを考慮する吉田建装のこだわりが見て取れます。
地域に根差し環境に配慮した施工を心がける
1994年の創業以来、地域に根差して外壁塗装を行ってきた吉田建装。2010年に法人化したことにより社名を変更して再スタートを切った経歴があります。 環境問題に対応できる外壁塗装業者を目指した結果、現在は省エネ事業を立ち上げて節電、省エネ対策まで提案してくれる会社となったそうです。 外壁塗装を通して地域住民に長く愛される企業を目指し、環境に配慮した施工を日々行っています。

川越市の優良外壁塗装業者を見る

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。