メインビジュアル

美光塗装

美光塗装
引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
https://www.bikou-tosou.com/

美光塗装は、川越市を中心に外壁や屋根の塗装を手がけている工務店です。塗料の性能をしっかり引き出すことをポリシーに、高い技能を持った職人による施工を提供しています。

  • 所在地:川越市大字下松原572-11
  • 創業:1975年2月
  • 資本金:500万円

一流の信頼できる職人が施工

イメージ
引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
https://www.bikou-tosou.com/concept/

美光塗装は、先代から40年間にわたって地元で信頼されている塗装業者です。代表である鯉淵氏自身が1級塗装技能士をはじめ、塗装や建築に関する様々な資格を保持しているスペシャリスト。

鯉淵氏が信頼する一流の職人だけが、美光の施工を請け負っています。職人の数は多くないものの、厳選された職人が高度な技術を持って塗装してくれます。

外壁塗装は、同じ塗料を使っても、誰が塗るかによって仕上がりに大きな差が出てしまうもの。下地の処理やメーカー規格通りの塗りができるか、といった部分で技術の差が出ます。その点、美光塗装は信頼度の高い職人だけが施工にあたるので、安心です。

美光塗装の施工事例
引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
http://bikou-blog.com/

サイディング素材の外壁を深いグリーンに塗ってイメージチェンジした事例です。2トーンカラーの相性もよく、きれいな仕上がりになっています。

引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
http://bikou-blog.com/

こちらは鮮やかなブルー。木部とのコントラストが美しく映えます。

引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
http://bikou-blog.com/

ひび割れやチョーキング(触ると手に白い粉がつく現象)、コケがひどかった外壁も、落ち着いたカラーで新築同様の仕上がりになりました。

引用元HP:有限会社美光塗装公式HP
http://bikou-blog.com/archives/tag/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88

くすんだグレーで汚れてしまった外壁を、今風の落ち着いたグレーに。正面とサイドで塗り分けてあるのがオシャレです。

自宅写真をWEB上からカラーシミュレーション

美光塗装への登録作業が必要にはなりますが、自宅画像を登録することでWEB上のツールから塗替箇所と色の指定ができるようになります。
直接施工業者とやり取りをする前に、一通り外壁の色味について検討することができるので、非常に便利な仕組みになります。

カラーシミュレーションの状態を保存し、その色味をもとに美光塗装と対応について話しを進めて行くことができるので、余計な不安を抱く事無く、スムーズに進行していけます。

職人の「勘」に頼らない、正確な施工

美光塗装の職人さんは「計量器」を使った正確な施工をしています。

よく「計量器なんていらない」という職人さんがいますが、勘で作業を進めると塗料の性能を正確に引き出せない、というのが美光塗装の考え方。メーカー指定の配合で、正確に塗料をつくっています。

また、配線や各種器具など、外せるものはすべて外して施工するのも美光塗装のモットー。たまったホコリなどが塗装を汚す可能性を防ぐためです。綺麗に塗装するための努力を惜しまない業者と言えます。

サービス内容

美光塗装では、トップクラスの高耐候性を持つアステックペイントや、光触媒による自浄作用を持つハイドロテクトコートを使った塗装が利用できます。

塗料のリストは公開されていませんが、シリコンやウレタンなどの一般的な塗料にも対応しているようです。

サポート情報

美光塗装では「かゆいところに手が届く」をモットーに、きめ細かなフォローを心がけています。地域に精通した業者なのでとにかくスピーディーに対応してくれるのが魅力。施工が終わったあとも定期的に状態の確認をしてくれるため信頼して任せられるでしょう。

川越エリアでおすすめの塗装会社を見てみる

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。