メインビジュアル

近隣住人とのトラブル

よくある近隣トラブル事例

よくある3つのトラブル事例。外壁塗装は大掛かりな工事になりますので、近隣住民の方にも少なからず影響を与えることになります。その影響力から思わぬトラブルを引き起こすこともあるので、工事前のご近所さんへの挨拶は必須。日頃仲良くしている間柄でも、事前の挨拶は必ずしておきましょう。外壁塗装が原因で起こりやすい代表的な近隣トラブルを3つ紹介します。

騒音トラブル

足場を設置する際に、カンカンと鉄を打ち付ける音が周囲に響き渡ることになります。設置は1日で完了しますが、相当な音になるので主婦など1日の大半を家で過ごす方からしてみればたまったものではないでしょう。また、足場を解体する際にも多少の騒音が心配されます。お互い様とはいえ、事前に挨拶があるのとないのとでは全く違います。業者の人と一緒に、施工主も挨拶しておきましょう。

車に塗料がついてしまった

派手に塗っているわけではなくても、多少の塗料飛散はよくあるもの。家全体をメッシュシートで覆っても、これで完璧に防げるとは限りませんので、念のため車にもシートをかぶせて塗料がつかないようにします。車にかぶせるシートについては、業者が用意していることがほとんど。お隣の車にシートをかぶせるときには、業者さんの方で訪問して準備してくれます。また、シートをかぶせるのではなく、車を別の場所に移動してもらう場合もあります。

川越市でおすすめの外壁塗装会社を見る

塗料のニオイ

家が近いほどニオイの被害は受けやすいもの。窓をしっかりと閉めていてもニオイがするので、家が近いほど気になることに。なかには体調を崩す方もいますので、ご近所さんへの配慮は勿論、自身の体調にも十分に注意する必要があります。塗料にはニオイを抑えたものもあるので、業者さんに確認しておくと良いかもしれません。

トラブルを回避するには挨拶が大事!

他にも人の出入りの多さを騒動しく感じたり、職人さんの視線が気になることも。隣家との距離が近いと、足場を組むことで、2階以上の部屋でも窓を通じて人が横切るのが気になることもあります。普段、人が通るような高さではないので、余計に気になりやすいところです。見えないように、ブルーシートなどの厚手のシートを使う場合もあります。

外壁塗装は期間も長くなるので、事前にしっかりとご近所に挨拶し、何か気になることがあれば言ってもらうようにしておくといいですね。配慮ができていると、多少の事には文句を言わないものです。

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。