メインビジュアル

外壁塗装で使用する塗料

外壁塗装に使われる塗料にはさまざまな種類があります。耐久年数に影響する事からも、塗料選びはとても重要。業者との打ち合わせをスムーズにし、自分の納得のいく外壁を手に入れるためにも、基本的な7つの塗料については知っておきましょう。それらのメリット、デメリットをまとめてみました。

アクリル

低価格でコスパの良い塗料です。ツヤや発色が良く、塗料の種類も豊富で使い勝手も抜群。1液塗りが多いのも魅力です。ただ、重ね塗りのしやすさは抜群ですが、耐久性がシリコンの半分で大体5年に1度塗り替えが必要な点がややネックでしょう。塗膜が固くヒビが入りやすく、浸透性の高さから湿気を通しやすいといった特性もあります。

ウレタン

塗料の中ではアクリルに次いで安価。光沢が高級感を与え、乾いても弾力性があるのでヒビが入りにくくメンテナンスが楽な点がポイントです。薬品などに汚染されにくく、種類が豊富なので硬化剤の種類を変える事で使い分けられるメリットも。ただ、紫外線や水分に弱く、専用シンナーの扱いが難しいといったデメリットがあります。

シリコン

耐久年数が8~15年ほどで、費用耐効果が大変良い塗料。塗膜が固く撥水性があるため汚れや水滴をキレイにはじきます。低電圧性で汚れが付きにくい性質も。また、約600℃に耐えられる高耐熱性を持ち、光沢保持率も抜群。ただし、高い撥水性を持つゆえに塗り替えの際の密着が悪くなってしまう事があり、業者の腕に仕上がりが左右されます。経年劣化でひび割れしやすくなる点も把握しておきましょう。

フッ素

12~15年の耐用性があるので定期的な塗り替えの回数が少なく済み、トータルコストを抑えられます。長期で住む家への塗装には最適な塗料でしょう。また、光沢感があるのでまるで新築のような見た目にしてくれます。ただ価格が高く、結合力の強さから次の塗装の際には特別な下塗りが必要になるのがデメリットです。

遮熱

15~20年の耐用年数があり、太陽熱を反射させるので夏の暑い日も屋根や外壁の温度上昇を抑えて劣化を抑えます。省エネ効果や電気代の節約、地球温暖化・ヒートアイランド対策など環境への負荷を低減する地球にやさしい塗料です。ただ、価格が高く、塗膜が汚れてしまうと遮熱効果が弱まってしまうのが懸念点。また、需要がまだ少ないため得意とする職人さんがあまりいない現状もあります。

熱交換塗料塗膜

塗料内にある特殊な成分によって太陽光の熱エネルギーを運動エネルギーとして消費する作用があり、温度上昇の抑制・断熱効果がある塗装として注目を集めています。夏は熱を消し、冬は熱を蓄熱するといった優れた特性を持つのが魅力。熱を集めやすい濃い目のカラーも利用できます。ただ、価格が少し高めなのがデメリットです。

無機

フッ素を上回る高い耐久性を持つ塗料です。塗膜が劣化・変色しにくく、長期間にわたって塗りたての色合いをキープできます。また、低汚染性・防汚性・難燃性・不燃性に富み、20年以上持つと言われています。ただ塗料の中でも高級品である点、塗膜がひび割れしやすい点がネック。相性の良し悪しがあり、木製の素材とは相性が悪いといったデメリットもあります。

川越市でおすすめの外壁塗装会社を見る

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。