メインビジュアル

どのタイミングが最適か

こんな劣化現象が現れたら外壁塗装を見直そう

一般的に、外壁塗装の塗り替え目安は10~15年毎と言われています。使用している塗料や家の周囲の環境などによっても左右されるため一概には言うことはできませんが、下記のような劣化現象が見られたら外壁塗装の考え時期といえます。

チョーキング

外壁の塗装面を手で触ったときに、白い粉が付く現象です。劣化現象としては初期段階のもので、主に紫外線によって塗装内の樹脂が分解されることで起こります。

シーリングに使われているゴムにも起こるようになると、気密性や密封性をキープするのが難しくなるので要注意。劣化のサインが見られたら、塗装業者に相談してみましょう。

クラック

外壁の表面に見られる、髪の毛ほどのヒビ割れです。塗膜だけにとどまっているヘア―クラック程度なら問題ありませんが、モルタルまで届いてしまっていると補修が必要です。0.3mm以上のヒビ割れがあればモルタル層まで到達している可能性があるので注意。

雨水が入り込んでしまい、内部を腐食させてしまいます。RCであれば、内部の鉄筋が錆び、膨張して破損する可能性もあるので早急に対策しましょう。

ガン肌

塗装面がオレンジの皮の表面のようなでこぼこ状態になる塗膜欠陥の1つです。塗料が乾燥して塗膜になる際、表面がでこぼこ状態のまま乾いてしまうのが原因。主に塗装面の温度が高いときに起こります。

これを避けるには、塗装面の温度を下げる必要があり、夏場などの高温時期の作業では注意が必要です。

硬化不良

塗装後、必要な硬度にならない塗膜状態。塗装が外壁に密着していない状態になり、剥離しやすかったり十分な効果を得られなかったりします。

硬化不良を起こす原因はいろいろとあり、「塗膜が厚すぎる」「ムラがある」「溶剤の沸点が高い」「周囲の温度が低すぎる」「2種類以上の塗料や溶剤を混ぜる際、作業が不十分だった」などが挙げられます。

ただ厚く塗ればいいというものではないのが外壁塗装の難しいところ。施工すぐに硬化不良にならないためにも、プロの塗装会社に頼むのが安心です。

塗膜欠陥

塗装後すぐに浮きやチョーキングなどの劣化現象が見られることを言います。まだ「しっかりと乾燥していないのに上塗りをした」「塗装面に汚れが付着したままだった」などが主な原因。

塗膜欠陥は経年劣化でも見られますが、1年内に症状が現れた際は間違いなく業者ミスでしょう。自分で対処するのは難しいので、保障内容を確認し塗装会社に連絡するのが最適です。

ピンホール

ピンホールとは針でつついたほどの小さな穴のこと。外壁塗装後に見られる、施工不良の一種です。1つや2つなど、ほとんどわからないような場合は問題ありませんが、密集してたくさんある場合は大問題。

美観が損なわれるだけでなく、外壁そのものが劣化しやすくなります。穴が大きいと雨や結露などの水分が塗膜の裏に入り込んでしまい、冬などの寒い季節には凍って膨張し、塗膜をはがしてしまう可能性があるため早めの対応が重要です。

施工は安心できる自社施工業者に

チョーキング現象やクラックが見られたら、まずは塗装業者に見てもらうと良いでしょう。ただ、下手な業者にあたるとそれが原因で劣化を早めてしまいますので、業者選びは慎重に行なわなくてはなりません。

塗装業者の中には、施工を下請けに任せているところもありますが、伝達の漏れや認識のズレが起こりやすいのでおすすめしません。トラブルなく、イメージ通りの仕上がりを求めるなら地元の知識が深く、完全自社施工の業者を選びましょう。

川越市でおすすめの外壁塗装会社を見る

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。