メインビジュアル

基本的な作業の流れ

外壁塗装作業の流れ

ここでは、戸建を参考に外壁塗装の工事の流れについてまとめました。天候などで作業が左右され、工事期間が伸びたり、工程が少し変わったりする可能性はあります。

ただ、優良業者であれば高圧洗浄や下塗りをしないなど必要な作業を抜くことは絶対にないので、流れを覚えておくことで業者の見極めに役立ちますよ。

1:仮設工事

仮設工事とは、安定した塗装作業ができるように足場を組み立てる作業のこと。鉄を叩く音が周囲に響くので、トラブルを避けるためにも工事前に必ずご近所さんに挨拶しておくようにしましょう。

足場を組んだらメッシュシートを取り付け、高圧洗浄や塗料が歩行者やお隣さんの外壁に飛び散るのを防ぎます。また、お隣さんと距離がある場合、覗き防止のために厚手のビニールシートを取り付けることも。

2:下地チェック、補修作業

外壁の下地をチェックして、クラック(ひび割れ)などの問題がないかを確認し、必要に応じて補修していきます。

3:高圧洗浄

外壁についた汚れや旧塗膜を落とし、1日ほどかけてしっかりと乾燥させます。

乾燥が不十分だと、その後の塗装がうまくいかず、剥がれなどのトラブルにつながるため十分時間をかけて乾燥させるのがポイントです。

4:養生

窓やアルミサッシ、地面、植物、車など…塗装を施さないあらゆる個所をビニールシートやテープ、マスカーで保護します。

5:肌合わせ、鉄部サビ止め、ケレンなど

下地補修でクラックを補修した場合、不自然な仕上がりにならないよう外壁の模様や凸凹に合わせて調整していきます。付帯部の鉄部にさびが出にくくなる薬剤を添付する作業も、同じタイミングで行なわれるのが一般的です。

6:下塗り

中塗り・上塗り塗料との密着を良くするために下地を塗っていきます。下塗り塗料は「シーラー」「フィラー」などが代表的です。

7:中塗り、上塗り

作業前に決めた色の塗料を塗ります。ホコリや水分がある場合はブロワー(送風機)を使って清掃してから塗装することで綺麗に仕上がります。付帯部は2回塗り、鉄部は3回塗りが一般的です。

8:ベランダ防水工事

ベランダをそのままにしておくと雨漏りの原因になるため防水加工が大事。特にベランダが2階以上にある場合は施工しておいたほうが良いでしょう。FPR防水やウレタン防水といった素材を使用し、しっかりと防水します。

9:掃除、養生撤去

塗り残しがないかチェックし、養生を撤去。ゴミなども綺麗に片づけ、掃除します。

10:立ち合いによる最終チェック

立ち合いチェックが終われば作業完了になります。可能であれば足場に登らせてもらって、気になる点がないかの細かな確認をおすすめします。

万が一塗り直しや傷があった場合は、その日に手直ししてもらいましょう。完了後には足場やメッシュシートを解体し、引き渡しとなります。

川越市でおすすめの外壁塗装会社を見る

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。