メインビジュアル

DIYまたはプロとのテクニックの違い

ホームセンターなどで気軽に材料を購入し、自宅で自分好みの仕様に作るDIY。ペンキやローラーさえ用意できれば、気軽に自分でも外壁塗装ができるのではと考える人もいますが、それは大きな間違いです。見た目はきれいにできたとしても、2~3年後にトラブルが見られるようになったというのはよくある話。

外壁塗装を過去に仕事にしていたという経験者ならまだしも、まったくの素人がやるにはあまりにも危険です。下手をすると家に重大な負荷をかけ、壁そのものが悪くなってリフォームの必要性が出ることもあるのです。それだけ、外壁塗装はきちんとした知識と技術がないとダメ。作業費用が高くなってしまうのも、そうしたところからなのです。

DIYとプロの大きな違いは3点

養生

塗料の飛び散りなどを予防するために、塗装をしない箇所すべてをビニールシートやメッシュシートで覆います。近隣に対しての配慮もあります。飛散してしまった塗料をはがすには剥離材を使うことになりますが、決まった手順があるため、慣れない素人には扱いにくいです。

下地

ひび割れや破損などの補修、鉄部のケレンなどの作業は、塗料を塗る前におこなう大事な作業です。特にモルタル壁の場合では、クラックの発生が必ずと言っていいほどみられます。これをしっかりとやらないと、壁と塗料がうまく密着せず、すぐに剥がれてしまう原因になります。いい加減な下地調整が、耐用年数の低い壁にしてしまうのです。

塗り

業者の塗装は、塗料によっては2回塗りのものもありますが、基本的には下塗り・中塗り・上塗りの3回塗り。一方、DIY用で購入できる塗料というには、下塗りと上塗りが兼用になった簡易品であるケースが多く塗料の品質に大きな違いがあります。

業務用と家庭用ではその性能が大きくかけ離れていますので、技術面よりも塗料で剥がれやひび割れなどのトラブルを発生させてしまう可能性が高いでしょう。犬小屋などに使うならまだしも、一生の買い物ともいえる家に使うのはリスクが高すぎます。

失敗して家を劣化させないためにも依頼はプロに

外壁塗装は、ただ塗るだけの気軽にできる作業ではありません。素人では逆に家を劣化させてしまいますので、プロの自社施工のお店に頼むのが安心です。

川越市でおすすめの外壁塗装会社を見る

川越市で外壁塗装を依頼したい自社施工会社
株式会社吉田建装

防汚性・経年劣化にも強い!
【熱交換塗料】

塗料の成分が太陽光の熱エネルギーに反応し、熱を消費、蓄熱することが可能。夏は涼しく冬は暖かい省エネ塗料です。

MK塗装工房

シリコンに変わる次世代塗料
【ラジカル塗料】

防カビ性に優れ・下地を選ばず使える、シリコン塗料よりも長持ちする最新の外壁塗料です。

有限会社 美光塗装

自由に外壁色を検討できる
【カラーシュミレーション】

事前に配色を自由に決める事で、仕上がり後のイメージを具体的することで完成後の認識齟齬を防ぎます。